Dailyrankingは↓にスクロールしてね☆ 毎週金曜日に新着記事UP♪

クリスマスの発祥はミトラ教?良い子にはイタリア版サンタ・ベファーナからプレゼント♪「雪降る街のプレゼント」を考察!

12月といえば、子どもたちがわくわく楽しみに待っているクリスマス!まほやくでもクリスマスを意識したイベントストーリーが実施されたことがあり、素敵なスチルやストーリーが聖なる夜を彩りました。

今回は2020年12月17日に開催された「雪降る街のプレゼント」を考察していきたいと思います。クリスマスとミスラの関係とは?魔女ベファーナの由来とは?

ここからはネタバレが含まれますのでご注意を!

それでは、レッツゴー♪

あらすじ

ある日、賢者の枕元におかれたスノードーム。不思議なプレゼントを誰が贈ってくれたのか、賢者の魔法使いに聞き歩いていたところ、ミスラがスノードームについて知っているそう。どうやらスノードームは魔女ベファーナが賢者に贈ったらしく、マーケットへの招待状らしい。

けれど、肝心のマーケットへの行き方がわからず、どうしようか考える賢者。と、ミスラが突如スノードームを叩き割った。驚く一同だったが、ふと視界が変わると、そこはベファーナが招待した雪のマーケットだった。

予期せぬ形でマーケットへと訪れた賢者と魔法使いたち。せっかく来たのだからと、各々マーケットを楽しむのだった。

クリスマスとミトラ教

どうやら、まほやく世界にはクリスマスというイベントはなさそう。それもそのはず。もともとクリスマスとはイエス・キリストの降誕を祝う行事だからです。まほやく世界にはイエスはいませんからね。(降誕を祝う祭りの日であって、イエスの誕生日ではないよ。)

このクリスマスの起源をたどると、ちょっと興味深いエピソードが出てくるのです。それが、ミスラの原案であるミトラ教との関りです。ミトラ教について知りたい人は、過去の考察記事も読んでみて下さいね。

ミスラ×ミトラ教

北の魔法使い、ミスラのモチーフとなったミトラ神話。3000年前から続く神秘に包まれた宗教。ミトラ神はいったいどういった神なのか。また、まほやくミスラにはどういった影響を与えているのか。じっくり深掘りしていきたいと思います。ここから[…]

ここからお話する説は、あくまで一説ということで聞いていただけると。クリスマスの起源については、まだまだ解明されていないことが多いのです。

クリスマスが発祥したとされる2世紀~4世紀頃のローマではキリスト教を国教としていました。しかし、当時ローマではミトラ教も流行しており、なかなかキリスト教一強とは言えない状況。この時代は宗教観に基づいて人々が行動するので、何を国教とするのかはとても重要なことなのです。

ミトラ教では冬至に「光の祭り(ナタリス・インウィクティ)」というお祭りを行っていました。冬至は昼が1年で一番短く、夜が長い日。この日を境に少しずつ昼が長くなるので、太陽の力が強まっていくと考えられていたのです。

写真提供:Mitra | Museo Arqueológico Córdoba | VIATOR IMPERI | Flickr

ミトラ教の神ミトラは太陽の神なので、この冬至からミトラが再び生まれるとされ、光の祭りを行っていました。この時代の冬至は12月25日だったといいます。ちょうどその12月25日頃に、キリスト教でもサートゥルナーリア祭という農耕祭が行われていました。美味しいものを沢山食べて、主人や奴隷の立場を気にしない無礼講で、盛大に盛り上がろう!というお祭りですね。

この農耕祭と光の祭りをがっちゃんこ。イエス・キリストを「光」にたとえて、「太陽の復活、すなわち光の復活は、イエス・キリストの復活である」として、12月25日をキリストの降誕祭としたのです。こうすることで、ミトラ教信者も祝いやすくなる、というより気づかないうちにイエス・キリストの降誕を祝っていることになるのです。というのが、クリスマス発祥の一説ですね。為政者もすごいこと考えますねー。

このミトラ教とクリスマスの関係を見越して、このイベントではミスラがメインで描かれたのかもしれませんね。よかったね、ミスラちゃん。

魔女ベファーナとクリスマス

イベントストーリーで、賢者たちをマーケットに招待してくれた魔女・ベファーナ。彼女の由来とはいったい何でしょう?

イタリアはキリスト教のカトリックが主な国。12月8日の無原罪の御宿りの日(イエスのおばあちゃんが、マリアを身ごもった日)からお祝いがスタート。12月25日のイエス降誕祭を迎え、1月6日の公現祭でフィニッシュを迎えます。約1か月にもわたり、盛大にお祝いがされるのですね。

この公現祭とは、新約聖書ににおいて、東方の三賢者と呼ばれる占星術の学者たちが、生まれて間もないイエスのもとに訪問した記念日です。イエスの顕現をお祝いしているんですね。このエピソードから由来して生まれたのが、魔女ベファーナの伝承です。

写真提供:Adoration of the Magi | “We have seen His star in the East; … | Flickr

東方の三賢者がイエスの元へ向かうため旅をしていたところ、道に迷ってしまいました。そこで老婆に道を尋ね、一緒にイエスのもとへ行かないか?と誘いましたが、老婆はこれを断りました。その老婆がベファーナだったのです。

ベファーナは後から思い返し、神の子のいお祝いなら、やっぱり行けば良かった・・・と後悔。イエスは生まれたばかりの赤ん坊だと聞いたので、赤ん坊のいる家をまわり、甘いお菓子を配り歩いたのです。どこかの家にイエスがいることを願って。

この伝承に由来して、イタリアでは1月5日の夜に、子どもたちは枕元に靴下をおいてベファーナの訪問を待つのです。イタリア版サンタクロースですね。イタリアでは12月25日にサンタクロースは来てくれるのでしょうか?どうなんでしょうねー。

写真提供:Befana | Silverio Petruzzellis | Flickr

ベファーナは、1年いい子にしていたら甘いお菓子を与えて、逆に悪い子には炭をおいていくといいます。まほやくでもベファーナは万人をマーケットに呼ぶわけではなく、気に入った子のみ招待していました。そして、スノウ・ホワイトが「いい子にはご褒美を」ということで賢者をマーケットに招待するように依頼したのです。

このあたりのエピソードは、私たちの世界のベファーナ伝承を原案にしていそうですね。まあ、もし炭がでてきてもミスラちゃんはかまわず食べますが・・・。

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!いかがでしたか?

クリスマスについて調べ物をしていると、海外の素敵なマーケットの写真がたくさん目に飛び込んできて、うきうきした気持ちになりました。いつか海外のクリスマスマーケットにも参加してみたいものです。まほやくの雪のマーケットに勝るとも劣らない、素敵な体験ができるかもしれませんね。

このイベントストーリーでは、師弟というか、親子の絆みたいなエピソードも描かれているので、まだお読みでない方はぜひ読んでみて下さいね。

それでは、また!

関連記事

ミスラ×ミトラ教

北の魔法使い、ミスラのモチーフとなったミトラ神話。3000年前から続く神秘に包まれた宗教。ミトラ神はいったいどういった神なのか。また、まほやくミスラにはどういった影響を与えているのか。じっくり深掘りしていきたいと思います。ここから[…]

夢抱く飛行士のバラッド

まほやくにはメインストーリーとは別に、数多くのイベントストーリーが描かれています。今回は西と中央の魔法使いが活躍した「夢抱く飛行士のバラッド」を振り返りながら考察していこうと思います。イベスト舞台の原案となった場所や、描かれたキャ[…]

彷徨う夜に導きをさがして

シックな学園に魔法使いたちが忍び込むイベントストーリー、「彷徨う夜に導きをさがして」を考察していきます。この先、ネタバレがあるのでご注意を!それではレッツゴー♪あらすじスノウ・ホワイトがリケ達に聞かせた怪談[…]

参考文献

クリスマスのお話「クリスマスの由来や起源、意味は?」2021年【イーフローラ】クリスマスのお花のプレゼント・ギフト特集

ミトラ教 – Wikipedia

サートゥルナーリア祭 – Wikipedia

ユール – Wikipedia

イタリアの冬には魔女が来る!? ナターレを締めくくる「ベファーナ」とは? | たびこふれ

フィレンツェガイド.net

公現祭 – Wikipedia

コメントにてご意見ご感想をいただけると管理人が泣いて喜びます☆
シェアしてくれたり、他の見解を述べてみたり、議論の幅が広がると更に嬉しいぞ!
考察内容は個人の見解です!真実は公式のみが知る・・・
>まほやく考察部とは?

まほやく考察部とは?

「魔法使いの約束」のあらゆる気になることを調べ、考察する個人運営サイトです。公式とは一切関係ありません。
当ページは株式会社coly「”魔法使いの約束”」の画像を利用しております。該当画像の転載・配布等は禁止しております。©coly

CTR IMG