Dailyrankingは↓にスクロールしてね☆ 毎週金曜日に新着記事UP♪

友愛の神ミトラ神がミスラのモチーフだなんて信じられない?いや本当です!

北の魔法使い、ミスラのモチーフとなったミトラ神話。3000年前から続く神秘に包まれた宗教。ミトラ神はいったいどういった神なのか。また、まほやくミスラにはどういった影響を与えているのか。じっくり深掘りしていきたいと思います。

ここからはネタバレが含まれる場合がありますので、原作未プレイのかたはご注意下さい。

それでは、レッツゴー♪

ミスラさんの子ども時代をイメージして、肖像画を描きました!どうです?
俺は子供の頃、消し炭だったんですか。

ミトラ神とは?

ミトラ神とは古代イラン神話にでてくる神様です。

このイラン神話から派生して、実に様々な神話や宗教に登場します。イメージとしては、イラン神話のミトラを元に、二次創作がどんどん生まれていく…みたいな感じです。民衆(ファン)達の間で大人気だったんですね。

神話や宗教によって、ミトラ、ミトラス、ミスラ、などと呼ばれます。(この記事ではあえて「ミトラ」と統一して呼ぶことにします。)

古代ですから、気の遠くなるような昔…紀元前1700年前頃から存在する、とても歴史のある神様です。

現在より3000~4000年前からいる神様ですから、正直わかっていない部分も多く、未だ研究者達の間で議論が繰り広げられています。

ですので、これからご紹介する内容も、そういった数ある学説の内の1つと認識していただければ幸いです。

ミトラ教とは?

ミトラを主神とする宗教です。とても長い間存在した宗教ですので、時代とともに少しづつ形を変えていきました。おおまかに分けると以下の通りです。

1.原始ミトラ教時代

2.西方ミトラ教時代

3.東方ミトラ教時代

4.東方神智学時代

今回は「原始ミトラ教」、「西方ミトラ教」、そして、ミトラ教ではありませんが、ミトラが出張出演する「ゾロアスター教」に焦点をあててみようと思います。

原始ミトラ教

この先、様々な神話や宗教に出演するミトラ。その原点となった宗教です。いわば原作。

紀元前1700~紀元前550年頃に流行し、ミトラの出生から始まるイラン神話を基本としています。

ミトラは火と太陽を司る神様。まほやくミスラが操る炎を連想しますね。

また、まほやくミスラの生まれた場所、「死の湖」は、ミトラの出生にかかわるエピソードに影響されています。それではミトラ出生に関わる神話をみてみましょう。

ミトラの誕生

空も海も大地もない、なにもない状態。世界がない状態から物語は始まります。

始めに、霊鳥が世界卵…とても大きな石の卵を生みます。

卵の中は空洞で、下半分は水に満たされ、その中央には島が浮かんでいました。

霊鳥は卵が孵るよう、その中に友愛を込めました。

すると、愛が卵の中で形づくられ、少年神ミトラとなりました。

ミトラは島に降り立つと、まず太陽を創り、星々を創り、フワラシを創りました。フワラシとは、後々に神々、人間、動物、植物などに分かれていくのですが、この時点では分かれる前。あらゆる命の大本となる、ちょっと抽象的な存在です。

フワラシは最初、みんな一緒に住んでいましたが、時が経つにつれて、そのまま地上に住むもの、あるいは天界に住むもの、あるいは地下世界(冥界)に住むもの…と分かれていきました。

時がたつとフワラシから分かれ、人間が生まれました。人間の数が増えていくと、しだいに争いが生まれました。これをみかねたミスラは、当時、世界を治めていた自分の子、イマに警告します。

「地上はまもなく暗く長い冬がくる。いくつかの人間や家畜、植物などを地下に避難させなさい。ただし、邪悪な者は地上に置いていくこと。」

言いつけ通りイマが動植物を避難させると、ミトラは太陽、月、星を隠し、大地は闇に覆われました。気温が下がり、霜が広がり、雪が降る。長く暗い冬が始まりました。そして地上に残された邪悪な者は、すべて冬にのまれ滅んでいったのです…。

と、かなり端折りましたが、ここまでが「死の湖」に関わるお話です。この後は世界が再生したり、実際の歴史が繰り広げられたり…という展開になっていきます。

じゃーん!湖で泳ぐミスラさんをイメージして描きました!
これも消し炭なんですが。

世界卵と死の湖

ここまでお読みいただいて気づいたかたもいると思います。

そう。死の湖は長い冬がおとずれた、世界卵の地上と似ているのです。

死の湖も世界卵と同じように、水辺の中心に島があり、そこでミスラは暮らしていました。常に雪に覆われ、人間が生きていくには厳しい世界。

ミスラの住んでいた中央の島は「死者の国」と呼ばれていますが、神話では世界の種子としての役割があり、生命を生み出すという、真逆の特性を担っています。

まほやくは原案と「逆」の設定をしている事が多いので、あえて「死者の国」にしているのかもしれませんね。

ミトラの相棒、ヴァルナ

原始ミトラ神話が語り継がれているのと同じころ、このイラン神話とは別に、インド神話にもミトラは出演していました。そこではミトラを語るには欠かせない相棒がいます。

インド神話では「ヴァルナ」という神様と2つで1つ。スノウやホワイトのように、一緒にいるのが当たり前という存在でした。

(ちなみに、このころのインドとイランは文化的な交流が盛んだったため、イラン神話とインド神話が影響しあって、わりと話がごちゃまぜだったりします)

ヴァルナは、水神にして蛇神。見た目は所説ありますが、金色の蛇や、竜の姿をしていたと言われています。

特性として、ヴァルナは、超自然的な力と呪術を後ろ盾にした「力による統治」を象徴する神様。

対してミトラは、人間(少年)のすがたで現れ、「理論的で明るく、規則正しく、穏やかで善意に満ちている」神様。

まるで、まほやくミスラは神話のヴァルナのようです。ここでも「逆」の特性を担っていますね。

また、ミトラ・ヴァルナは契約の神様でもあります。ミトラは「契約を締結・祝福する役割」…つまり、人と人を合意させる役割を担当しています。ちなみに「ミトラ」とは「約束」を意味します。

対してヴァルナは「契約の履行を監視する役割」を担当していました。

ミスラにとってのヴァルナはルチル?

ここからは、ふんわりとした考察になります。

ルチルにも、ミスラや他のキャラクターと同じように、原案となったキャラクターがいるとされています。しかし、それはルチル視点の話。

もしもミスラ視点から、ルチルが何かしらの役割を担っているとしたら。それはヴァルナかもしれません。

まほやくミスラは、ヴァルナ神の「力による統治」という特性を受け継いでいるように思います。

対してルチルは、ミトラ神の「理論的で明るく、規則正しく、穏やかで善意に満ちている」という特性を受け継いでいるように感じます。

また、ヴァルナ神の「契約の履行を監視する役割」にちなんで、まほやくミスラがチレッタと交わした約束を見守る、という役割も担っているのではないでしょうか。

とはいえ、現時点ではかなりふんわりしている考察なので、今後のストーリー展開を楽しみにしたいと思います。

死の湖のドラゴンはヴァルナがモチーフ?

賢者一行は、死の湖へ巨大な骨の怪物を退治しにいきます。

その怪物はまるでドラゴンのような骨格をしています。ドラゴンといえばヴァルナを連想しますね。

しかし、まほやくミスラは群れることを好みません。自分以外は敵、というスタンスです。昔、自ら蘇らせようとした骨の怪物を、懐かしく愛おしくも思いながら、扱いきれない怪物を最終的には倒しました。

そして、賢者に「もし怪物に名前をつけるなら」と問われ、「死の湖」と答えます。

神話の世界卵内の水(海)は、アパム・ナパートという神が守護しています。話が複雑なので思いっきり端折りますが、ヴァルナ≒アパム・ナパートという説があります。

それにちなんで、骨の怪物に「死の湖」の名を与えたのかもしれませんね。

(詳しくはミスラ、アフラ、アパム・ナパートなどで検索してみてね☆)

まほやくミスラは、「ミスラ」という個を確立しています。むしろヴァルナの特性を取り込み、自身のものとしています。それ故にヴァルナのような相棒は必要としていません。このあたりも神話とは逆ですね。

神話のミトラは、愛を注がれて誕生しました。

相棒を必要としない…愛というものが未だはっきりとわかっていない「ミスラ」が、この先どういった物語を紡ぐのか楽しみですね。

ミスラの厄災の傷

まほやくミスラは、大いなる厄災に近づきすぎたせいで、なかなか眠れなくなってしまいました。実は、この傷の元となったエピソードがあります。

『ミトラ祭儀書』といい、ミトラ教の教徒達が、ミトラを讃える歌が記されています。その内容の一部がこちら。

「広い大草原の主ミトラさま、おお、正しいことを語り、理性に訴えかけ、しかも感動を与えて真理を悟らせ、千の耳と万の目を持ち、みごとなすがたをしていて、広くはるか遠くまでを見渡し、眠らず、つねに目覚めているお方よ! わたしたちは、あなたを祭ります。」

この「眠らず、つねに目覚めているお方」という部分を元にしたのでしょう。

神様にはなんてことない特性ですが、人間になると随分しんどい傷となってしまいました…。

俺を描くならもっとカッコよく描いてください。なんでどれも火にくべられた消し炭になるんです。
私の中ではとーってもカッコよく描いているんです!ほら、これとかとってもカッコいいです!
はあ。まあ、ならいいですけど。
(いいんだ…。)

さいごに

いかがでしょうか?

インド神話のミトラを語るに外せない相棒、ヴァルナ。

もしかしたら、これからのストーリー展開によって、もう少しエピソードが掘り下げられるかもしれませんね。

次回の考察では穏やかで聡明なミトラから一変、戦いの神と呼ばれたミトラとの関係を考察

していきます。

ここまでお読み下さりありがとうございました。

それでは、また!

参考文献

東條真人「ミトラ教の歴史1(新版)

東條真人「ミトラ神話.ミトラ単一神教の神話

関連記事

ミスラ×ミトラ神話

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場するキャラクターは、原案となった別の物語のキャラクターがいます。今回は北の魔法使い、ミスラについての考察です。以前の記事で、まほやくミスラのモチーフとなったミトラ神が生まれたときの神話につい[…]

ミスラ×チレッタ×青い鳥

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場する賢者の魔法使いたちには、文学作品をモチーフとしています。今回は南の魔法使い、ルチルとミチルに関係の深い、チレッタとミスラについて考察していきます。ルチルとミチルのモチーフとなった「青い鳥」に[…]

コメントにてご意見ご感想をいただけると管理人が泣いて喜びます☆
シェアしてくれたり、他の見解を述べてみたり、議論の幅が広がると更に嬉しいぞ!
考察内容は個人の見解です!真実は公式のみが知る・・・
>まほやく考察部とは?

まほやく考察部とは?

「魔法使いの約束」のあらゆる気になることを調べ、考察する個人運営サイトです。公式とは一切関係ありません。
当ページは株式会社coly「”魔法使いの約束”」の画像を利用しております。該当画像の転載・配布等は禁止しております。©coly

CTR IMG