Dailyrankingは↓にスクロールしてね☆ 毎週金曜日に新着記事UP♪

まほやく元ネタ文学作品総まとめ!実際に元ネタを読んでみた!

もうすぐ、まほやくも2周年を迎えるということで、当サイトもこれまでの考察をまとめていこうと思います。各キャラクターの元ネタ・原案について、これを見ればばっちりわかる!・・・はず!レッツ☆考察棚卸し!

更新記録

各キャラクターのモデル小説において「約束」に関するエピソードを記載しました。元ネタ小説すべてに「約束」のエピソードがあるかは調査中です。詳細はまだ各記事に書いていないので、おいおい追記していきます。にしても約束守ってない人おおいっすね(笑)。また、既存のデータをよりわかりやすく書き直しました。【2021/12/31追記】

原案作品とキャラクター

まほやくキャラクターは有名文学作品をモチーフとして、キャラクターがつくられています。もちろん1~100までモチーフにしているのではなく、キャラクターの根幹の性質や設定に生かされているのであって、そこから成長したキャラクター性はまほやくオリジナルらしさがあります。

ここでは、私が実際に読んだ原案(であろう)小説と、まほやくキャラクターの関係を記載していきます。(原案は公式からはっきりと発表がないので、あくまで推測になります。)まだ読めていない作品も多いので、暫定版になるのはお許しを・・・。

ちなみに、原案作品はキャラクターに対してひとりひとつではありません。メインとなる作品はあるものの、サブ作品からも影響を受けており、様々な設定が根幹で絡み合っているのです。サブ作品は、相方のメイン作品であることが多いです。そのあたりも表で確認してみてくださいね。

アーサー×オズ

 
アーサー王伝説・登場人物
アーサー王賢者マーリン
オマージュされたエピソード

・アーサー王は聖剣エクスリカバー(カレトヴルッフ)を手にする

・アーサー王は夢で死の予言を与えられる

・マーリンは王の子を預かり、別の人に育てさせる

・マーリンはアーサー王を聖剣がある場所まで導く

約束エピソード

・アーサー王は生ある限り正義の守護者であることを誓う。(まほやく常設SSRアーサーは正義特性を持っている)

・湖の姫からエクスリカバーを貰う代わりに、姫の願いを1つ叶えると約束をする。しかし、姫は家来に殺され、約束は果たせなかった。

オズの魔法使い登場人物
ドロシーオズ
オマージュされたエピソード
・ドロシーは第三者からみるとオズの弟子であり、「オズの魔法使い」である

・童話のオズは世界最高の魔法使いと名高いが、実は魔法が使えない

約束エピソード

・ドロシーたちが西の魔女を倒したら願いを叶えるとオズは約束した。しかし、オズは実は魔法が使えないため約束を守れなかった。

 

表だけだと、詳細が掴みづらいと思いますので、気になる方は過去の考察を読んでみて下さい。

アーサー王物語①

はじめに魔法使いの約束に登場する魔法使いたちは、有名文学作品をモチーフとしてキャラクターの根幹が形作られています。今回は中央の魔法使い、アーサーを考察していきます。アーサーのモチーフとなった「アーサー王物語」や、「オズの魔法使い」から、[…]

アーサー王物語②&オズの魔法使い

まほやくに登場する中央の魔法使いアーサー。彼は「アーサー王物語」からオマージュされてキャラクターが形作られています。今回でアーサー×元ネタの考察は2回目。前回は「アーサー王物語」のあらすじや、聖剣にまつわるオマージュされたエピソー[…]

オズの魔法使い①

はじめに魔法使いの約束に登場するキャラクターは、有名文学作品をモチーフとして形作られています。今回は「オズの魔法使い」から生まれた、世界最強の魔法使いオズを考察していきます。前回の記事では「オズの魔法使い」のあらすじを紹介しています。原案[…]

オズの魔法使い②

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」のキャラクターは、有名文学作品のキャラクターをモデルにして形作られています。実はキャラクターだけではなく、数々のエピソード達にも、有名文学作品のストーリーをオマージュされている節がみられます。今回は「[…]

カイン×オーエン

 
ケインとアベル・登場人物
ウィリアム・ケインアベル
オマージュされたエピソード

・ウィリアムはコネを使わず実力で組織のトップに立った

・ウィリアムは戦争で片目以外を負傷する

・アベルは森で生まれ、城の地下牢に閉じ込められ、極寒の収容所で過ごす

・アベルはケイン負傷時に彼を助け、神に無事を祈る

約束エピソード

・ウィリアムはトニーの銀行と自分の銀行の合併は、トニーが頭取である限りしないと約束していたが、トニーの希望により両銀行は合併。約束は破棄された。

そして誰もいなくなった・登場人物
(しいて言うなら)アンソニーオーエン夫妻・犯人
オマージュされたエピソード

・陽キャ

・真っ赤に燃える夕日を浴びた若者

・まるで英雄神

・犯人は正義と悪のふたつの心を持っている

・屋敷に置かれた兵隊さんの人形

・犯人にはカインの刻印がある

約束エピソード

・調査中

・「そして誰もいなくなった」、他アガサの作品を戯曲化し収録した短編集「十人のインディアン」がある。収録作品に「死の約束」という物語がある。(未読なので参考程度に。)

 

ケインとアベル

お互いの目を持っている因縁コンビ、カインとオーエン。今回はこのふたりの魔法使いに関わる元ネタについて考察していきたいと思います。前にオーエンの元ネタ「そしてだれもいなくなった」について考察しました。今回はカインの元ネタとされている[…]

そして誰もいなくなった

魔法使いの約束に登場するキャラクター達の根幹を形作っているのは、数々の有名文学作品達です。まほやくのキャラには、それぞれモチーフがあるんですね。今回は不穏な言葉で人の心を惑わせる、北の魔法使い・オーエンの考察です。オーエン×元ネタ[…]

リケ×ミチル

 
巻き毛のリケ?
リケ?

未読

青い鳥
(メインモチーフがおそらく他にある)
ミチル

・チルチルの弟
・ちょっと怖がり

リケとミチルは、ともにまだ原案小説を読んでいません。ミチルは名前や立場は青い鳥からオマージュされていますが、青い鳥はチルチルがメインのお話です。おそらく他にメインモチーフの作品があると思われます。

ミスラ×ルチル

 
ミトラ神話・登場人物
ミトラ神ヴァルナ?
オマージュされたエピソード

・ミトラ神は約束の締結を担う神

・対のヴァルナ神は「力による統治」を司る

・ヴァルナ神は約束の履行を見守る神

・対のミトラ神は「穏やかで善意に満ちている」

魔術・約束エピソード

・主人公はミスラ君と「魔術を得るために欲をすてる」と約束したが、金もうけに魔術を使用してしまった。結局、主人公は約束を破り、ミスラ君から魔術を教えて貰うことはできなかった。

青い鳥・登場人物
イヌチルチル
オマージュされたエピソード

・イヌは危険からチルチルを懸命に守る

・イヌは口笛を吹けばすぐにチルチル達を助けに行くという。(まほやく南の祝祭・魔法の笛)

・チルチルは勇気があり、たまに乱暴

・チルチルは旅を経て幸福が近くにあることに気づいた

約束エピソード

・チルチルとミチルは時間になったら帰ると「光」と約束した。思い出の国で祖父母に引き留められたが、約束を守って「光」のもとへと帰った。

 

ミトラ神をモチーフとした「魔術」という小説があります。芥川龍之介が執筆しており、キャラ設定的にはあまり関与してきませんが、ミスラの話し方や雰囲気に似通ったキャラクターがでてきます。20分くらいで読める短編なので、お時間があればせひ。

ミトラ神話①

北の魔法使い、ミスラのモチーフとなったミトラ神話。3000年前から続く神秘に包まれた宗教。ミトラ神はいったいどういった神なのか。また、まほやくミスラにはどういった影響を与えているのか。じっくり深掘りしていきたいと思います。ここから[…]

ミトラ神話②

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場するキャラクターは、原案となった別の物語のキャラクターがいます。今回は北の魔法使い、ミスラについての考察です。以前の記事で、まほやくミスラのモチーフとなったミトラ神が生まれたときの神話につい[…]

青い鳥①

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場するキャラクターは、有名文学作品をオマージュし、立場や性格が形作られています。今回は南の魔法使い、ルチルについて考察していきます。ミチルについての考察は、また別記事にて。多少のネタバレが含まれま[…]

青い鳥②

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場する賢者の魔法使いたちには、文学作品をモチーフとしています。今回は南の魔法使い、ルチルとミチルに関係の深い、チレッタとミスラについて考察していきます。ルチルとミチルのモチーフとなった「青い鳥」に[…]

ブラッドリー×ネロ

 
ブラックプリンス・登場人物
ブラッドリーやアーノルドなど
オマージュされたエピソード

・ブラッドリーは友人に裏切られて投獄される

・ブラッドリーは繊細な感性の持ち主。頼られ気質で何だかんだお願いをきく

・ブラッドリーは金髪・青灰色の瞳

約束エピソード

・ブラッドリーは妹の荷物を元旦那から引きとってくる、友人と昼食をとるなど様々な約束を交わすが、ほどんどが守られることはなかった。

ネロ帝?ネロ・ウルフ?

未読

ブラッドリーとネロは、まだまだこれから原案の特定からはじめなければなりません。ブラッドリーは「ブラッドリー夫人」という推理小説シリーズがあり、夫人はリボルバーの達人です。とはいえ、実際に読んでいないので、憶測はここでやめておきます。

2021/12/31追記

実際にブラッドリー夫人を読んでみて、モデルとなった小説ではないかもしれないと感じました。別の「ブラック・プリンス」がブラッドリーとネロのモデルとなった小説だと思われます。

ネロは初期設定に「体液がワインになる」という厄災の傷があったそう。ネロ帝は人類で初めてキリスト教を弾圧した暴君で有名です。そして、キリストは「パンは私の体であり、ワインは私の血である」という言葉を残しています。初期設定の段階では、まほやくネロのモチーフはネロ帝ではありそう。他の共通点を探しながら、原案を特定していこうと思います。

ブラック・プリンス

北の国で盗賊として生きていたブラッドリーとネロ。ふたりはかつて相棒として生きていましたが、後に別々の生き方を選び、そして再会しています。この奇妙な運命のモデルとなった物語とは一体何か?じっくりと考察していきたいと思います。ここから[…]

スノウ×ホワイト

 
しらゆきとべにばら・登場人物
しらゆき・べにばら
オマージュされたエピソード

・しらゆきとべにばらはいたずら好きの双子

・物語に真珠や熊といったキーワードがでてくる。(まほやくキャラエピなどにも登場する)

約束エピソード

・調査中

・しらゆきとべにばらは別名「白薔薇 紅薔薇」と呼ばれる。白薔薇の花言葉に「約束」がある。

白雪姫・登場人物
白雪姫
オマージュされたエピソード

・白雪姫初版では、金髪・黒瞳のビジュアル

・白雪姫に登場する鏡と、まほやくの喋る肖像画。白雪姫に登場する様々なアイテムと、スノウ・ホワイトのステンドグラス職人

・白雪姫の雪に落ちる血のエピソードと、まほやくマーシアの実

約束エピソード

・調査中

 

しらゆきとべにばら

北の国の老魔法使い、スノウとホワイト。ふたりの原案となった物語は何か?原案からどんなオマージュをされているのか?じっくりと考察していきたいと思います!ここからはネタバレが含まれるのでご注意を!それではレッツゴー♪原[…]

白雪姫

古より生きている双子の老魔法使い、スノウとホワイト。今回は彼らの原案となった物語、白雪姫を考察していきます。白雪姫からふたりはどのような影響を受けているのか?スノウ・ホワイトの原案、もとい元ネタ考察は今回で2回目。前回の「しらゆき[…]

ムル×シャイロック

 
牡猫ムルの人生観
ムル

未読

ヴェニスの商人・登場人物
アントニオ、シャイロックの娘、他etc・・・シャイロック
オマージュされたエピソード

・ムルは西の祝祭でアントニオと約束を交わす

・小説シャイロックの娘は、宝石を持ち逃げして家族から離別する(ムルも宝石を持ち逃げして家族と別れる)

・小説シャイロックはアントーニオへの憎しみを受け入れている

・小説シャイロックはアントーニオの心臓の肉を抉ろうとする。(まほやくシャイロックは心臓が燃える)

約束エピソード

・小説アントーニオはシャイロックと契約して金を借りるが、期日までに返済できなかった。契約が守られることはなかった。

 

実は「牡猫ムルの人生観」はまだ途中で、続きを読めていないのです。小説のムルは魂が砕ける前の、知的で皮肉屋なムルによく似ています。めちゃくちゃ魅力的なキャラクターなので、考察するのが楽しみです。

ヴェニスの商人①

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場する賢者の魔法使いたちは、有名文学をモチーフとして形作られています。今回は優雅で独自のの美意識をもつ西の魔法使い、シャイロックについて考察していきます。シャイロックの原案となるの[…]

ヴェニスの商人②

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場する賢者の魔法使いは、有名文学からモチーフを得ています。西の魔法使いシャイロックは、喜劇「ヴェニスの商人」のシャイロックがモチーフとなっており、まほやくストーリーでも様々なエピソードがオマージュ[…]

ヴェニスの商人③

はじめにまほやく シャイロックの原案、いわゆる元ネタとされる「ヴェニスの商人」との関係を考察してきましたが、今回で3回目。今回注目するのはムル。まほやくシャイロックの相棒とも言えるムルは「雄猫ムルの人生観」をモチーフにしていると言われてい[…]

クロエ×ラスティカ

 
日々の泡・登場人物
クロエコラン
オマージュされたエピソード

・コリンは花嫁のクロエを「僕のクロエ」と呼ぶことがある

・小説クロエの右の灰に睡蓮が咲く。(まほやくクロエの紋章は右胸)

・小説に白と赤の薔薇が登場する。(まほやくクロエとラスティカの部屋に白赤の薔薇が飾ってある)

・コランは裕福で気のいい青年

・コランは花嫁を亡くす

・コランはピアノが好き

約束エピソード

・調査中

幸福な王子・登場人物
ツバメ王子像
オマージュされたエピソード

・ツバメは王子の頼みをきく

・ツバメのカラーがクロエに反映されている(かも)

・童話の舞台が富裕層と貧困層に分かれた街。(クロエとラスティカの育成スポット)

・王子は分け与える精神を持っている

・王子のカラーがラスティカに反映されている(かも)

・王子は最愛のツバメを亡くす

約束エピソード

・調査中

 

幸福な王子①

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場するキャラクターは、有名文学作品をモチーフにして形作られています。今回は西の魔法使い、ラスティカとクロエを考察していきます。ふたりの主なモチーフとなっているのは「幸福な王子」と「日々の泡」とい[…]

幸福な王子②

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場するキャラクター達は、有名文学作品をモチーフとして、性格や立場が形作られています。今回は西の魔法使い、ラスティカとクロエについて考察していきます。二人の考察は今回で2回目。前回に引き続き、「幸福[…]

日々の泡

はじめにスマホゲーム「魔法使いの約束」に登場する賢者の魔法使い達は、有名文学作品をモチーフにしてキャラクターが形作られています。今回は西の魔法使い、ラスティカとクロエを考察していきます。このふたりの考察は今回で3回目。前回まではふたりのモ[…]

ファウスト×レノックス

 
ファウスト?
ファウスト?

未読

未読

ファウスト、レノックスに関しては、まだ全く手をつけてません!笑。0から発見していく過程を楽しもうと思います!

ヒースクリフ×シノ

 
南総里見八犬伝?
信乃?

未読

嵐が丘・登場人物
キャサリンヒースクリフ
オマージュされたエピソード

・ヒースクリフが使える家のお嬢様

・金髪碧眼の美女

・孤児から使用人になった

・黒髪、ふてぶてしい性格

・キャサリンを自慢する

約束エピソード

・ヒースクリフは「聖書を読み、戒律を守ればキャサリンのいる天国へ行けるだろう」と言われるが、結局、聖書も読まず戒律を守ることはしなかった。結果、おそらく天国には行けず、嵐が丘でキャサリンとふたり魂が彷徨っている。

 

はじめはヒースクリフの原案だとおもい嵐が丘を読んだのですが、蓋をあけてみればがっつりシノの原案でした。ので、シノの原案と噂されている南総里見八犬伝は、もしかしたらヒースクリフのメインモチーフなのかもしれない!という、現段階では憶測ですね。実際に読んでみて判断しようと思います。

嵐が丘①

「魔法使いの約束」に登場する東の魔法使いシノ。まほやくキャラクターは文学作品が元ネタとなっており、シノもその例にもれません。今回はその元ネタがシノにどういった影響を与えているのか、じっくり考察していきたいと思います。ここからはネタ[…]

フィガロ

 
フィガロの結婚?
フィガロ?

未読

フィガロはこれ!という相方がいないため、ひとりで掲載。ただ、アーサー王伝説に、フィガロっぽい医者が出てきたりこなかったり。もしかしたら、他のキャラクターの原案に、ちょっとずつ登場しているのかもしれません。そのあたりも今後考察していきます。たぶん元ネタ考察で一番時間がかかるのはこの人(笑)。

さいごに

いかがでしたか?あらゆる作品から影響を受けているまほやく世界。そもそも、なぜ文学作品をモチーフにしているのか。もしかしたら、様々な作品のキャラクターが登場する「賢者の書」という新しい文学作品を、賢者は執筆しているのかもしれませんね。

この記事は、新しく読んだ原案作品が増えたら、折を見て更新しようと思いますのでお楽しみに!

それでは、また!

コメントにてご意見ご感想をいただけると管理人が泣いて喜びます☆
シェアしてくれたり、他の見解を述べてみたり、議論の幅が広がると更に嬉しいぞ!
考察内容は個人の見解です!真実は公式のみが知る・・・
>まほやく考察部とは?

まほやく考察部とは?

「魔法使いの約束」のあらゆる気になることを調べ、考察する個人運営サイトです。公式とは一切関係ありません。
当ページは株式会社coly「”魔法使いの約束”」の画像を利用しております。該当画像の転載・配布等は禁止しております。©coly

CTR IMG